MI☆VIDA ~AMIGO~


波乗り&子育て日記☆
by kaorun306
プロフィールを見る
画像一覧

福島県いわき市

先日のりクンが福島へみんなから集めた衣類とエールを届けに行ってきました。
本当はわたしも行きたかったのですが、今の状況、体のことを考えて…

なので、のりクンが実際現地へ行って、目で見た事、感じたことを書いています


福島の波が大好きで、通い続けて4年…海上がりによく食べていたらーめん屋。
苗字も知らない、呼び名は、だっぺの親父さん。

その亭主がきっかけで、海沿いの家を貸してもらえることになってから約1年と数ヶ月…
『これから陽気も上向くね』なんて話していた矢先の歴史的な震災。
あの日以降、毎日報道される、あまりにも悲惨な状況…

まさかこんなことになるなんて夢にも思わなかった。

ジットシテイラレナイ。

友人に声をかけさせてもらい、集めた衣類とアツいエールを届けることにした。

4月10日の朝方に出発し、明るくなりはじめた高速道路…歪んだ道やでこぼこした
道が地震を物語っている。

いわき市に程近い常磐道のサービスエリアでは『ボランティア』『緊急車両』の
貼紙を車に付けている車両ばかり。

勿来インターを降り、海岸沿いに近づくにつれ、津波の被害状況が明らかになりはじめた。

ららみゅうと漁港周辺。
船が陸地に打ち寄せあげられていたり
f0128843_12501550.jpg
f0128843_12504566.jpg
変わり果てた観光案内所、いつ倒れるか?わからない程傾いた信号機…
f0128843_12525348.jpg
いつもの週末なら、鮮度のいいお寿司や海産物を求め観光バスが後を絶たない時間だが
廃墟と化した観光地は活気を失い、そこに居合わせた人数は片手で足りる程だった…

そこから程近い長崎海岸付近
f0128843_1254315.jpg
海を見れば沖に設置されているテトラがインサイドまでまで転がり込み
砂浜が無くなっていた。

津波で橋が流され川へ落ち、そこに流れ込んだ家屋…
f0128843_12575769.jpg

f0128843_12582413.jpg

破壊され現金を抜かれたであろう信用金庫のATM…

豊間海岸沿いのコンビニは鉄筋だけが剥き出しになり、車が刺さったまま…
f0128843_12592261.jpg
店内には、近所に住んでいた方の思い出が詰まるアルバム写真などが散らばっていた…
結婚式のものだった…。

海沿いの道路が通れるようになったとはいえ
飛び散るガラスやガレキ、海の砂が足元を不安定にさせる。
f0128843_1325864.jpg
f0128843_1332150.jpg

薄磯海岸。
f0128843_14205940.jpg
f0128843_1385248.jpg
f0128843_1394271.jpg

遥か先まで続くガレキ…
今でも嘘と言ってほしい光景。
f0128843_13142692.jpg
f0128843_13145242.jpg

砂浜には、逃げられなかった動物などが土葬してあった…

目を背けたくなる光景を一つ一つ受け入れていくしかなかった。
f0128843_1354293.jpg
f0128843_1324329.jpg
f0128843_1527121.jpg

そしてこちらが借りていた沼ノ内のお家
海岸沿いでありながら建物だけは残っていた
f0128843_13425181.jpg
f0128843_13431047.jpg

家のすぐ裏の海岸
f0128843_13465651.jpg
津波によって、テトラがあちこちに転がってた
f0128843_20584844.jpg


お世話になった大家さんと話した際
水道、電気、ガスのライフラインが寸断された方々は自宅に住めないから
避難所と自宅を往復して片付けに追われている現状。

おじいちゃんおばあちゃんだけで住んでいるところは
ボランティアを頼みたくても電話も携帯もないからすぐに連絡出来ないし
何処に連絡すればいいかわからないこと。

家屋が壊れた家の方々は保険会社に電話しても電話繋がらないし、繋がっても
被害が酷いところが優先ですと言われ、全然来てくれないこと。
放射能、風評被害、土地の再生…色々話してくれました。


これから、どのくらいの時間が経過したら、先の見えないトンネルから解放されて
少しはまともな生活になるのだろう。
必死に生きている現地の方々が早く心から笑顔になれる日が来ることを祈ります。

みんなから譲り預かった衣類を渡した際に、大家さんが
『こんな時になんですが、子供達が久しぶりに喜ぶ顔が見れてよかったです
本当にありがとうごさいました。家は貸してあげられなくなったけど
この先、私達が住んでいる家に雑魚寝でよかったら遊びに来てください。
皆様に宜しくお伝えください、お願いします』
とメッセージ頂きました。


この目に焼き付け、感じた事を、胸に刻み。

地球上に住ませてもらってること…感謝して…

何ができるか?

どう行動するか?


だっぺの親父さんはこの日も元気に営業していました
f0128843_15104436.jpg

[PR]
by kaorun306 | 2011-04-16 14:47

カテゴリ

全体
波乗り
snow
beauty
おいしいもの
おでかけ
のん0歳
のん1歳
のん2歳
のん3歳
あん0歳
沖縄
未分類

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧